☆お知らせ 2022年5月22日更新

元気通信14号

メッセージ

『歩く・聞く・学ぶ・活かす』で、オール香芝の実現!

「とことん香芝にこだわる」と皆様に誓い、その思いと共に県議会三期目の活動に取り組んでいます。

新型コロナの長引く影響をはじめ、毎年のように起こる大規模災害、SNSでの誹謗中傷、いろんな人がそれぞれ悩み、

苦しんでいます。ですが香芝市は新市政に代わって以降、市長・2人の県議会議員がともに協力し合い、住民に寄り添う

体制ができています。価値観や政党の違いだけで排除せずに互いの違いを認め合うこと、そして力を結集することで、

誰もが住みやすい香芝を実現できると信じています。

県議会に送り出していただいて15年目。この任期中も、長きにわたり重視してきた『歩く・聞く・学ぶ・活かす』

というスタイルを、変えることなく愚直に貫きます。住んでいるからこそ気づくこと、政治への要望。

私が直接お聞きし、実行します。